ウーマン

補正下着で歪んだ姿勢を正そう|バストアップにも繋がる

快眠を手にする

横になる婦人

寝ている間が重要

朝起きた時、すっきりと目が覚めないことがあります。その原因としてあげられるのが枕です。枕は寝ている間、ずっと頭の下に敷き、寝返りを打ちます。適性の枕でなければ、寝返りを打つときに余計な力が身体に加わり、結果として朝起きた時疲れています。理想の枕というのは、寝返りを打つのに、余計な力を入れなくても出来るのです。そのために重要になってくるのが枕の高さです。低すぎても、高すぎてもいけません。理想は枕を敷いて横になった時に、アゴから鼻筋にかけて布団と水平になっているのが良いとされます。また、柔らかさも重要です。硬すぎても、柔らかすぎても寝返りを打つときに妨げとなります。自分が使っている枕が適正か確かめる方法があります。布団に寝た状態で腕を組み、少し膝を立てます。その状態から、身体を左右に振った時、引っ掛かりが少なくスムーズにいけば、理想の枕です。

間違った枕選び

日本人に多いとされているのは腰痛と肩こりです。多くの人が悩んでいるこれらの症状は枕が関係している場合があります。適正な枕で眠っていないことで、首の骨や背骨を圧迫させてしまうことで、身体にねじれが生じます。そのねじれを正そうとして、余計に体にストレスをかけることになります。人が枕を選ぶときに重要視していることは、寝心地です。寝る直前に「これはいい感じだ」と思う枕の硬さや高さになっています。しかし、それでは理想の枕とは程遠いのです。自分の感覚で枕を選んでしまうと、間違った選び方をしてしまいます。どうしても選ぶのが難しいと感じるのであれば、専門のスタッフに枕を見繕ってもらうのが重要です。理想の枕というのは、日常生活を健康に過ごすための、重要なアイテムなのです。